川越商工会議所青年部 川越商工会議所青年部

ご挨拶

2006年、会員数48事業所からスタートした川越商工会議所青年部は、今では200事業所を超える大きな組織となりました。

これまでに小江戸川越ハーフマラソンや10周年記念事業を始めとした数々の事業を行い「互いの知性や感性を磨き合い、新たな発想や活力を生み出す場」としてメンバーの皆様とともに組織も成長してまいりました。

このような貴重な成長の機会をいただけているのも数々の困難に打ち勝ち、熱い想いと使命感をもってこの青年部を立ち上げていただいた設立時の部員の皆様方とその為にご支援をいただいた多くの方々、またその後長きにわたり想いを繋いでいただいた卒業者・現役部員の皆様のおかげと心より感謝しております。そんな素晴らしい青年部に2年間部長として携わらせていただけることを大変光栄に思っております。

川越商工会議所の一部会である青年部にとって今後商工会議所を支える人材を育成する教育機関としての役割も重要であると考えます。

役員会や地区会を通し互いの意見を戦わせメンバー同士で切磋琢磨し、また、様々な事業を通し多くの学びを得て魅力的な人間に成長することで組織全体の成長を促し組織強化にも努めてまいります。

また川越商工会議所青年部はメンバーを経営者だけに捉われない独自の発展を遂げてきており、その地域性や組織の独自性を失ってはならないと考えます。多様性を持った青年部のメンバーが数多くいるからこそ地域経済と社会に様々な発信ができるのだと思います。

2019年度はキーワードをcreating fascinations(魅力創造)とし、この良いところを更に伸ばしながらメンバーの皆様が青年部の一員であることを誇りに思えるそんな活動を出来るように誠心誠意務めさせていただきますのでご協力よろしくお願いいたします。

川越商工会議所青年部
部長 飯野 知之